二ヶ月

本当に三日坊主なので二ヶ月経ってしまった。

本当はフォローしている方達の投稿のように興味分野についてつらつらと書いて楽しい記録にしたいのだけどなかなか。

今は図書館に作業をしに来ているのにやる気が出ず、やっぱり気持ちを書き出したいときは鬱気分の時らしい。

 

残念ながら?本当に鬱になってしまったようだ。親しい人と話しているときは特に感じないし、大丈夫なときは本当に大丈夫なのだがダメなときは本当にダメなので辛い。眠れるし(むしろ仮眠で昼夜逆転気味、睡眠リズムが狂っている)ご飯も調子いいときは普段通り、調子悪くてもちょっと食欲ないくらいで、好きなものは好きと思えるので先生もそこまで重くはないですが、と伝えてくれた。

今はレスタミンドグマチールを夕食後に一粒ずつ飲んでいます。喉が乾く。

初めて飲んだ翌日は久々にとても気分が軽くて、「現代医療すげー!!!」とばかりにベッドから飛び起き汚い部屋の中足場を確保して嬉しく歩いていたわけですが、二日目からは母と電話で話す回数が増えたから調子がいいのかなんなのかわからなくなり、またそこまで強い晴れ晴れとした気分も感じなかったためによくわからなくなりました。

 

どこか自分は考えることがコンプレックスになってしまっていて、それはずっと心の根底にあったものなのだけど、学科の授業が進むにつれてそれがまた顕在化して来てバランスが崩れてしまった。それと留学準備のプレッシャーやらなんやらが重なってダメになってしまったと自己分析しています。

 

時系列で思い出すと。

六月初めにはもう諦観というか、授業に出ても何も頭に入ってこない状態になっていて、本当に出席稼ぎのためだけに学校に行ってた。

六月中旬、勉強というか考えることはストレスなので学科の旅行を蹴ってしまって(キャン料高かったのに)彼氏とお寿司を食べても元気にならなくてやばいな、と思って、そこから一週間はまた地獄というか、もがいている感じで苦しくて翌週末実家に帰った。

さすがに空港に着いてから車に乗って家に帰ってしばらくは涙が止まらなかった。でも段々回復して提出するべき書類も書いてそれなりに元気になって東京に帰った。帰ってから奨学金の合宿もギリギリ出て、そんなに意識高いスーパーマンみたいな人ばっかりじゃないことに安心して普通に戻っていたと思った。

だから油断して就活のクローズド体験会に行ってしまった。社員さん自体はとてもいい人で楽しいしご飯も美味しかったしよかったのだけど、考える人や向上心のある人がやっぱり欲しいよな、ということはまざまざとわかったので、その日の夜からまたしんどくなった。どこの職場もそういう人が欲しいだろう、私はどこで生きていくんだろうと思った。単純労働なら選ばないだろうけどそんなんじゃお金稼げないオタク活動できないし、なんだかなあという感じで、モヤモヤがかかって、また苦しくてもがく感じだった。それと他の子がESを書き出していると言っていたので聞いたらやっぱり「困難を乗り越えた経験」やら「リーダーシップをとった経験」やらで昔のセレクありの意識高めのサークルに入っていた時の新歓を思い出してトラウマ的に嫌気がさした。

 

それから7月。よく覚えていない。活動できて、元気になれそうなタイミングはいくつもあるのだけどそれをことごとく潰しているようで、結局最後には気分が落ち込んでいた。考えたくないから昼から寝て生活リズムが狂った。寝れない時は目の前をコンテンツで埋めようとアマゾンビデオで仮面ライダーを永遠と見ていた。考えなくて済むから。家事類が全くできなくなって、ゴミ屋敷のような部屋に住んでいることがまたストレスになった。外で動けても帰って来たらダメになるので彼氏の家に二日ほど避難した。こんなメンヘラのどこがいいのかと思うが合鍵をくれて、本当にいい人だ。勉強頑張ってください、応援しているよ。でも結局彼氏の家でも夜苦しい旨を訴え大泣きしてしまった。

一年の冬にも感情のコントロールがしんどくなってメンタルクリニックに行ったことがあるのだけど特に異常なくカウンセリングだけで終わって、お金もカウンセリング代と初診料でかなりかかったのでそこから病院は避けていた。でも泣く私を見兼ねた彼氏含む知り合い3人に一回行ってみたほうがいいと言われたので病院に行った。そしたらあっさり鬱と言われカウンセリングも何もなく問診だけで薬が処方された。

 

正直鬱と言われたことは第三者視点で捉えてしまって、元気な時は甘えだと感じて自分が本当に鬱なのか疑わしくなる。鬱といっても非定型じゃないのか?非定型、甘え感が強くてなりたくないと思ってたからなおさら…でもダメな時は辛くて、これが甘えならなんでこんなに辛いのかと思うので病気ということにしてくれたほうがよっぽどいい。それに鬱という名前をもらってからこれはなんなのか甘えなのか性格なのかとか泥沼のような思考の渦に巻き込まれる回数は格段に減った。苦しいとか頭が動かないとかはあるけど、薬のおかげか自己卑下的な思考には陥りにくくなった。

 

まだ重くないようだし自分でもそう思うので、うまく最低限のことだけやって生きていきたい。今週末はアニメイベントだ、無理せず楽しみたい。