バベルを建てたり壊したり

 

https://misanthropeabroad.wordpress.com/

 

 

連ツイにちょっと修正してまとめたのが以下

 

こちらでできた数少ない友達のブログ、異言語でもこんなにひしひしと伝わるのか、と思う 日本語でもうまくこれに対して感想を思いつかなくて、英語では増してもっと当たり障りなくI like the way you write.としか伝えられなくて、バベルを恨むことになる

 

普段の彼女はヴィーガンフェミニストで皮肉屋で尖ってて墨入っててね 小柄だけどね、まさしく山椒はぴりりの具現化なのだ それでいて歴史や文学に興味があるところもまた良くて

 

私の読解力ではわかんない単語もたまにあるんだけどそれにしても英文学って読まないし読んだとしても(課題論文などが中心で)ブログをこう熱心に読むこともないので、英語での感情の吐露も、日本語でのそれも、普遍性があるんだなあっていうのは不思議だ、そうではあると思うけど

 

彼女は高等教育をdisってて私もそうは思うけど彼女の分からはやっぱりwell-educatedさを感じて良い文、読み応えのある文章と思っちゃう、彼女のどうにもできない感情を、消費していて申し訳ないけど…

 

以上でつい終わり

 

 

彼女に寄せて

彼女が文学の授業で「こころ」英訳版を読んでいた時、kindleで日本語版の画面をチラッと見せて「日本語ではこうなんだよ」って言ったら「elegant」って言ってくれたことが、私は漱石のファンでも日本文学にも全く詳しくないけどとっても嬉しかった。謙遜というか率直に「(縦書きで右から左で三種の文字で)変だよね」って言ったのに「This seems more elegant (than English)」こころの原作言語の、言語のその形、言語のヴィジュアル、視覚としての面を目の前にしてelegantと素直に感じて言葉にしてくれたことが 、私はとっても嬉しくて、覚えているんだ。

 

突然帰国を決めたとき、最後にみんなで廊下で話した時に、いつものように平気で皮肉っぽい彼女と腫れ物を触るようにその話題には触れないフラットメイトたちの会話が一旦途切れて、私は彼女になんて声をかけていいかわかんなくて一言だけ「You need some rest」って言ったら「〇〇 just said what I need eloquently」って言ってくれて報われたと思った。(私が彼女の悲しさで報われてて申し訳なさ)日本でメンタルを病んだ経験が生きたかも、というか、彼女の辛さは比べ物にならないだろうけど、私は仲間だよと(欺瞞ですが…)思った。そして彼女の周りの人や文化はそうしたことにあまり慣れていないような気もしたから。そのときは周りのフラットメイトたちのように言葉がスラスラ出てこないことを感謝した、その分私は選ぶことができたなと(英語力の問題もあるけどどっちかというと日本語英語とわずそう言った状況の人に対しての言葉選びへの感想)

 

私は彼女と話すときも(というか英語話者と話すときは大体)英語力以前の問題ですぐ話題に困ってあんまり仲を深められなかったんだけど、特に彼女の場合は後悔している。アメリカ発音なので聞き取りやすくては助かったけど、発話が日本語だったら。私はビビッと仲良くなりたいと思った女の子だったら逆ナンするレベルでこちらからアプローチする傾向にあり、彼女は知れば知るほどそういう女の子だ。女の子と言われるのは嫌かもしれないね。そういう人だ。

 

 

そもそも英語に対して日本語でこうやって一方的に自分しか理解できないように見えないところで感想を書いて公開しているのが彼女の生活を消費していて、申し訳ないんだけど、留学したことで本当に国際交流できたかな(私は国際交流サークルにいたけど在籍時は表面的な会話しか海外大生とすることができなかったので)と思うのは、本当の感情を垣間見れたと思う時で、それは本当に限られているから私のエゴで記録させてもらう。

「女子大ですか?」論争

今日あんまり面識のない人と話していて「女子大ですか?」と聞かれた。全然違う!と言ったら、さっきの顔が女子大やった〜と言われて面白かった。

 

この「顔が女子大」に込められた意味とは。これはマイナスなのかプラスなのか…。この日は化粧がうまくいった日なので褒められているのか、それとも無意識に媚びた表情をしていたのかとか(ごめんなさい、決してdisっているわけではないんですが、男ウケの良い=女子大というイメージがあるので、それを過剰に演出していると思われた=私が媚び?という感じです、女子大の人が媚びているというのではなく)。女子大の対極とも言えるであろう大学にいるので、プラスともマイナスとも思わずとにかくその言葉が自分に対して発されたことに面食らった。

 

それと、スマホケースがサンリオキャラクターなんだけど(20過ぎてスマホケースがサンリオの女は地雷)「女の子らしいですね。笑」みたいに言われて、なんかすごく嫌な感じがしちゃった。笑、のニュアンスや言い方もあるかもしれないけど…。かわいいですね、とはまた違う、女の子っぽいですね〜って言葉は果たしてプラスなのかマイナスなのか。

 

そしてプラスともマイナスとも受け取れる言葉を発する人たちとのコミュニケーション、ん?ん?となる。ジェンダーに過敏になってきているのかなあ。そうなる人たちを避けていたからしばらく感じてなかったけど、ここにきて人の入れ替わりがあり少し増えた。程よく付き合っていきましょう。

居場所の話

americanmatatabi.hatenablog.com

 

自分じゃんと思った。


どっちかというと2番目の交換留学生同士で話していたに近いけど、私の周りの子たちは大体みんな1学期で帰国してしまって友達がいなくなった…
 
留学したからには友達作って英語話して上達するのが筋だと思ってたので当初は頑張ったけど疲れてくる。フラットメイトたちが、会話のテンポがかみ合わず、話すネタも少ない私と会話するよりは彼ら同士で話した方が楽しそうだったのは目に見えた。
 
ブログの彼女のように冬まではうつっぽさが継続して余裕なく人に過敏になってたし、もともと人付き合いがそんなに得意な方でもないし。
 
イギリスに染まり切れず1年で帰るアウトサイダーとして生活を送っている(自己評価)私は、変化して順応する努力や主体性が足りなかったのかなとは思う。せっかく来たのに、異文化を乗り越えていかないといけないんじゃない?っていう。でも果たしてそのために、活発で社交的な方へ自分をシフトさせていく必要があるのかも疑問。
このバランスは今でもよくわからない。
 
学科の子がみんな年下なのも授業数が少ないのもあり親しくなれず友達もみんな帰国しちゃったと、共通の帰国した友人がいるイギリス人の子に話したら、「私も21で大学入ったから全然合わないし帰国した友人としか仲良くしてなかったし、でもそれでいいと思ってる」って言ってて(年齢と合う合わないはまた別の話ではあるけど)、なんとなくみんなコミュニケーションが超上手で友達すぐ作れるイメージがあったから、あ、ここにもそういう子はいるのか!と思い肩の荷が下りた感じ。人によるのは当たり前なんだけどね。無理に周りについて行く努力をやめた。
 
それから日本人コミュニティにも参加するようになった。
やっぱりもっとここでしか知り合えない人と交流しておけばよかったと思うときはあるし、私は1年間しかいないからまたたびさんの域には達せなかったけど、今の状態は快適ではあると思う。
きっと留学以外にも当てはまる話だよね。

 

↑せっかく留学についてなので留学コミュニティへの拡散力が高いFBで投稿しようと思ったけど日本語コミュにいる現地学生に対して申し訳なくなっちゃってここにきている。エピソードなしでリンクだけ貼るとかしようかな…

春なので

日差しが強くて気分が良い。

やっぱ冬場の鬱は日差しの少なさと関係があるのか?

20すぎて外的要因に弱くなってきているので断定はできないが。

 

www.plart-story.jp

 

少し前から気になってチェックしているアーティストさん。

言葉を介しないコミュニケーションとしてのアート、という捉え方は私がアートに惹かれる要因でもあるのでこの記事を読んでこれからもチェックしていこうと思った。

とても素敵なインタビュー記事だ。

 

長谷川祐子も批評してたけどミクロからマクロへの問いかけとか、視点を移動した問いかけができるっていうのもアートの一つの意義なのでそういうのを優等生的に満たした上でコンセプトが面白く美しいのはこれからもっと伸びていくんだろうな。森美とかでそのうち展示ありそう。

 

静謐で見た目としても美しく、コンセプトがしっかりしている作品が好きだ。

ミニマリズムが好きかといわれると物欲に溢れているので別に好きでもないけど、余分に生活の楽しさがあると思っているけど、白背景に作品をポンと置いた時に余白が美しくあるようなものがいい。ホワイトキューブにもいいところはある。

コンセプトがしっかりしててもごちゃごちゃしてるのはげっそりする、、げっそりするあり方での表現なのだろうけどしんどい。greyson perryとか

 

日差しも良いので気分良くこういう周辺をチェックしていたらアートライターさんのアカウントを発見して、経歴を見て、そんな良い人生あるかと思った。原田マハの経歴見たときも同じことを思った。

私はそこまで強烈に違和感を覚えても表現して発信しようと思うことがないので一次的な作り手にはなれないなあと思っている。そうなると写真や映像媒体あるいは言葉での伝達ということになって来るんだろうけど、主要なものは言葉だよね

アートライターってとっても素敵だけどそのバックグラウンドがしっかりしてないと全然解説できないし、フリーランスだから厳しいし。何かを解釈して書くだけの力は私にはないし、解釈のエビデンスを学ぶまで熱心でもなく、やっぱり作品を見て終わりを続けていくんだろうなあ

「取り憑かれたように展示を見ている」ってライターさんが書いていた。たまにやるけど、私は自分の中にaccumulateしていくだけだ。

まあ、そういう感じで、消費する側としてだけアートを見ていてそれなりに見ていて好きっている人がマジョリティだろうし、あんまり自分を責めることもないよと言い聞かせている。

 

芸術に取り組もうと思うと批評はつきものだけど、別に批評まではしたくなくて。AMSEAのESも見たけど、なんだかなあ。

 

大学に入って言葉に対して苦手意識を持ったから。詩の言葉は昔から好きだった。それぞれの意味で使われることをガチガチに定義しようとしないし。アートに対してがっちり定義する哲学で臨む分野に来ちゃったことは多分間違いだったね。そうして何のバックボーンも建てられないまま卒業していくんだ。あなたは何を学んだのって最高学府に来ても何もいえないまま4年間を消費するんだ。そんなこと考えてる人がどれくらいいるのかは知らんが引け目には思う。フィンランドのようにふわっと専攻変えて行けたらいいのに。日本でもできるけどしんどいのでしません。情報学環にでも行こうかな

 

 

アウトプットが苦手だ

なんだかいろんなことをできないなあで諦めていっている

何かを起こすにも、私責任感ないし、逃げてる

 

諦めの一つの乗り越えとして帰国したらカメラ買おうかなあ

留学期間中に目で見て撮ってもiphoneじゃ限界があるなと思うことが多かった。とはいえ留学前にカメラのことを考える余裕があったか?といわれるとノーなので。別にアート分野に従事するわけではないけど、アートや建築に関わる人、やっぱカメラ持ってる率が高いから、小さいの持っててもいいかな

持ち運びがめんどいというのがデカいんだけど、一眼とか買うわけではないし、カメラ女子にオススメ〜みたいに書いてあるのを買うんやわ。

あとどうせ買っても使いこなせないわってだらだら先延ばしにしてたの、アンドロイドからiphoneとか、windowsからmacに変えた時と同じ感覚で、結局買えてよかったと思っているので、、

写真論だと意図したものが撮れないのが写真、とかあるけど、まあ見たものをそのまま瞬きでシャッター切るように切り取れたら一番身体的で自分の欲しいデバイスとしてはそうだな

明暗や水面やガラス越しが撮れると良い

まあ渡辺直美がカメラ持ち歩いてるの見て思いを強くしたんだけどね。なんじゃそりゃ。

 

あとはオタ活するときもあると便利だね。ショーとか。

 

グローバルなんちゃらとかいうやつ

大学が新たに国際人を育てるために始めたプログラムで目指す人材像みたいなの見たら気持ち悪い

そういう人格スキルを持ち合わせていないことでとても卑屈になる

残念!お前は社会から評価されない人間だよ!と感じる

 

回復したと思ってても目の前にするとダメなんだな

前よりは割り切れるはずだけども

就活怖いなあ

モイ

ヘルシンキから帰国したらむわっと生ぬるい空気を感じた、イギリスでこれなら日本に帰った時の湿気の感じ方は大変だろうなと思った。

 

フィンランドは新しい国だから、建築も新しいものがたくさんあって、特に教会なんかは自由なものが多くて見ていて楽しかった。ヨーロッパの建築で一番好きかもしれない。岩の教会、ピアノのBGMが流れていて、光の反射が美しかった。椅子が青の木枠と紫〜青みピンクの座席で、座席の紫が壁の金色の部分に反射していてこの座席の色は本当にいいチョイスだと思った。黒ではなく青の木であるところも、光が当たると透けて、美しかった。光で深みが感じられる色設定は良い。BGMは讃美歌とかではなくて普通の落ち着いたピアノの曲で居心地が良かった。

木の教会は街中にあって思っていたよりちっちゃかった。脇に無造作に置かれていた小石のようなクッションや、案内板の形までまあるい特徴的な教会の形にデザインされているところはとても好感が持てた。こぢんまりとして可愛らしいけど少し圧迫感感じたかな。でも静かなのに温かみといえばここ!って感じがする。うまく暖かい静かさで来る人を包む建物を作ったな〜って。つつむ。フィンランドの建築、天井部分のいらないものを板状のもので隠す、って言うのが多い気がするなあ。教会以外にもポツポツ見かけた。

光の教会は空港へ向かう郊外にある。駅の真横。外から見るとなんてことないけど中に入ったら白と青で統一されていて美しかった。洗礼のボウルが透明なガラスでこんな可愛い洗礼のボウル見たことないと思った。これは三つの教会全てに言えることだけど十字架が細いただの+マークになっててシンプルで可愛らしかった。ここが一番普段使いされている教会だと思う。日曜に行ったからミサが終わって地元の人がコーヒーをたくさん飲んでいた。フインランドはコーヒー文化の国だから。自由な教会の形をたくさん見たようで、美術も見てきた身としてはキリスト教のイメージは重みや強さ権力とともに連想されるから、より軽やかで新しく感じた。キリスト教建築ってゴシックのイメージがやっぱでかいけど自然に対して抵抗してる感がある。相対して建ってるような。比較してフィンランドは自然の中に教会を置いてる。

私は荘厳なものより軽やかで透明感あるものの方が好きなので評価が高い。

 

これに対し現代美術館の展示が激しめなのばっかりでげっそりした。 李禹煥とオラファーエリアソンを連れてきてくれ、、、

 

ヘルシンキは首都なのに人口が少ないので移動しやすかったし、道の幅も広かったから渋谷みたいに人にぶつかりまくることもない。

半年ぶりに軟水で髪を洗ったら髪がするんとして感動したし、硬水の国には絶対永住しないと思った。これは日本に帰る上で楽しみなこと。フィンランドは水道の水もとっても美味しくてびっくりした。

 

香川県民が本当にうどんを食べるんだ〜ってレベルでマリメッコアイテムを持っているスオミが多い。マリメッコのエコバックやポーチなど何かしらは持っている。

他のヨーロッパの国より服の露出が少なく優しい色合いの服やものを身につけている人が多いように感じて、日本との親和性が高いと思った。キナリノっぽいの、安心するわ〜。

kinarino.jp

まあ完全にこんなゆるっとしたパンツを履いているかと言うとそうでもないけど、例えばグレーとか、カラシ色とかのほんわかした服装やゆるいエコバッグを持ち歩いている姿は落ち着くな。

眉上ぱっつんさんがちらほらいて眉上前髪としては嬉しい。

 

ヘルシンキ大学に留学している友人と話したのだけど、フィンランドは税金が高い分やっぱりリターンがすごい。大学まで教育は全て無料だから、大学に5年以上在籍することの方が多くて、だいたいマスターとって、好きなことを自由に学んで好きな時期に卒論書いて働き出すらしい。途中でおかし作りの学校行っちゃうとか。一番やばいと思ったのは、一人暮らしには国から月600ユーロ支給されるからそれで家賃は賄えちゃうらしい。きっと将来への不安とか、ないんだと思うって言ってた。これが世界幸福度ランキングナンバーワンの国。時間が緩やかに流れてなんの圧迫もなさそう。

 

春に行ったので日が長くなっていて、4月中旬の時点で21時くらいまで明るかった。そりゃ白夜になるわという感じ。ただ冬は超日が短いし晴れないし、とイギリスと同じみたい。ヨーロッパ、夏冬の気候の差がありすぎてきついなあ。夏は最高なんだけど…。

 

イギリスにも多いけどここにもveganの人多いみたい。veganって心とお金に余裕がないと遂行できないと思うんだよな〜。日本は美味しいものが多いからシフトしにくいのもあるだろうけど、、。あとフィンランド人は動物に対する権利の意識が強いみたいで動物園もすっごくかわいそう!みたいに思う人が多いのでそれもあるのかな。

あとLGBTの人も多いみたい。ホルモン注射打ってるとか。前より声低くなったね〜的な。

日本の現実にすり減っていく感じを覚えたらフィンランド人のライフスタイルを思い出したい。

パペットと自己表現

最近精神の調子が良いです。最近のこと

 

・この前まで家族が来ていて旅行していたから調子が良いのかな。家族といると自分の価値について考える隙がなくてよい。朝起きたらね・む・い〜眠いんだ〜と歌って(私は家族といるとよく適当に歌います)特に自己評価の下がる出来事も起こらず。こうやって適当に歌って楽しく生きているのが本来の私であってほしいです。うじうじ自己否定してるのがメインじゃなくてサブだと思いたい。しっかり生活できているし成長していると思うよと母に言われてとても嬉しかったです。家に帰って1人になったらとても寂しかったけど自己否定でなく忙しくしなきゃと思う方に変換できて強くなっていると思った。

 

・人と通話をする際、顔が見えないととっても不便なことがわかった。相手がどういう顔して聞いているのか、どのタイミングで話そうとするのか、顔が見えないと何もわかんない。不安。非言語情報特に視覚からの情報がコミュニケーションの上で大きな役割を占めているんだな〜なんて月並みなことを思いました。

 

・あとこれは不思議系を演じているとかでは全くなくて、人と話すとき気の置けない人だとパペットをつけてパペットで会話した方がまじで気が楽だったりするんだけど(黒魔女さんが通る!の大形京?)(伝わらない)これなんか身体論とかと関係づけたら卒論にできないかな(なんでも卒論に持っていこうとする)

他にもパペットで喋りやすい人っているのかな?

 

割とマジでぬいぐるみ旅行社か人形劇の役者になるしかないって思ってたときある

 

・肌が前より綺麗になった 前は化粧しても隠しきれなかったけど今は化粧したら素肌美人のすっぴんくらいのレベルになって来ていると思う。(?)要因が毎日八時間睡眠が毎日ビタミン剤+サプリか毎日漢方か(命の母です)ピルの継続服用によるホルモンバランスの改善か(生理中でも動けるようになったし痛み止めも少なくなった)皮膚科の薬(べピオゲルです)を毎日きちんと塗ったからかなんとなくむくみを取りたいと思って毎日マッサージしたからか使うクリームをオイルフリーにしたからかすっぴんでほぼ過ごしているからかはわからないけど日本に帰っても継続されると良いと思う

 

・旅行中ダイエットは中止したので元に戻っている気がする

 

・どうあがいても外見はそこそこまでしか行かないので(整形するほどにコストをかけたくない)でも一つのこと(外見)にこだわりすぎるとやっぱりしんどいよな〜と。スザンヌの母親が勉強はブスがすればいい、バカでも可愛ければいいみたいなこと(暴力的意訳)を言ってたことがあってソースは確かじゃないけど本当にその通りだよ。日本ではね。我々は総合力で頑張りましょう。

 

・セーター一回洗ったらなんか金具に引っかかったのかボロボロになってしまったのがあるのでジョキジョキ切ってふきんにしてるんだけど、ジョキジョキ切ってたら手がなくなってアンバランスになってダルマを思い出しちゃって虐待もの見てるみたいな感じがしてきて心が重くなった これだけでこれってどうなの リョナ系成人向漫画を彷彿とさせる

 

・今までは外資怖かったけどせっかく海外にまで出て外資の方がいいのかもと調子が良いので思っている

 

・春休みで人もいないのでアニメをすごい勢いで消費してるんだけど今はAngel Beats!見てて初めはおもんないなと思ったけど直井きゅんが出て来てくれてビジュアルも声も性格もストライクで直井きゅんに出会えたことでAB!ありがとうという気持ちになった。あの〜ショタ声に弱いな?千本桜のコスチュームみたいな帽子と学ラン、ありがとう。天使より天使。

・岩沢が歌うところmarinaさんなんだね。そう考えると確かにDECO*27とmarinaがコラボしてたのはそのあたりの年代だった気がする。当時私はアニメを見ない学生だったからニーナの方しか知らなかったけどそうなると話題性あるよね。なるほど。

 

最後ただのオタクの独り言になったけど、途中のパペットのくだりを忘れずにネタとして記録しておこうというのが目的です