疼く

ピルを一日飲み忘れてしまって、気付いた時に飲んだのだけど手遅れだったようで、じわじわと痛みが日々増した。私費になってしまったけどロンドンに行って日本語対応の病院に行った。卵巣の腫れに変化なし。3^4cmの大きさは、手術をするには小さすぎるし、毎日を健やかに過ごすには大きすぎる。おそらく出血が近づいているから痛むのでしょう、と女医さんは言った。今が耐えどきかな、あと少ししたら治るよの言葉とは裏腹に、少しずつ出血して、諦めた。今から休薬。明後日から旅行。最悪のタイミングだ。市販の鎮痛剤が少しずつ効かなくなっていくのがわかる。下半身が重くなっていく。血が巡らない。体温が調節できない。疼痛。最悪旅行も全てキャンセル。

 

自分の性別に生まれたことを、あまり後悔したことはない。親戚には「お前が男だったら継がせたのに」と言われたけど、幸いにもネット経由で4年前にできた彼氏と今でも付き合っているし、東大で性別バイアスが不利に働いたことはほぼない。地方公立出身の女子はマイノリティとして、出自が不利なために逆に特権的に働いているのではないかと思うこともある。メイクもおしゃれも得意ではないけれど、最近は毛嫌いすることもなくなった。可愛いもの、美味しいものに目がないことも誰にも咎められない。でも、痛み止めを手放せず過ごす毎日や、自分の身体の中から産み出される赤黒いレバーのような血塊を見ていると、痛みやこんな穢らわしいものを生産するために女やってるんじゃないよなと思う。どうして私の生殖器官は、私に害ばかり及ぼすのか。セックスだって卵巣の腫れで激痛。不妊になる可能性も高い。私が死にたいと思ったから?でもそれはQOLを損ねて生き続けることではないし、それなら鬱の時と変わらない。私はこれからいろんなことを諦めていく。生きているだけで。

我に返る

昨日はあんなにテンションが高かったのに、今日は起きた時から一転してすごく気が立っていた。upsetという感じ? イライライライラ、コミュニケーションの全てがささくれだって感じられる。何もしたくない。体調も悪くなって来たので、ピラティスに行ったら腰の痛みはよくなったけど、やっぱりイライライライラ。そうなってくると些細なことでネガティブになって、どんどんそこから離れられなくなって、初めて授業も休んでしまった。イライラをコントロールできない自分、心の余裕があるときはコミュニケーションが大事だなと思えて、そうやって毎日過ごしたいと思うのに、自分自分自分で、自分以外のことのせいに全てをして、社会不適合だ。こういうところが将来子供を持つとしたら毒親になりそうとか、こんな自律もできない成人がどうやって生きていくのだろうとか、後から考えると?というような感じだが些細な不安が増殖して、頭がパンクしそうになって涙が止まらなくなる。部屋には「Avoid Unrealistic Thoughts」って壁紙を貼っているけど、貼っているからと行ってどうにかなるものではない。客観性がことごとく失われる。運動も食事もあったかいミルクティーもリラックスと書いてあるプレイリストも試したのに、急に原因もわからない圧倒的なストレスに襲われて屈してしまった感覚がある。ほんとは授業も行こうとしたんだけど、寮を出て、道を歩いて、涙が止まらなくて諦めた。帰って来てお腹が空いているわけではなかったけど何か少し食べて、しばらくすると、落ち着いて、あれさっきの頭のパンク寸前の状態はなんだったのか…?となる。日常生活に支障をきたしている。コントロールできないのは本当に困る。誰にでも気分の落ち込みはある。現代人はどうやって突然わけもなく山のような圧倒的なストレスが襲いかかって来たらそれをギリギリでしのいで仕事ができているのだろうか?前回の犬登場時も書いたけど、脳みそを取り出して叩き割りたいときどうする?という感じ。制御を超える落ち込みや体調の悪さなど法則性がないかと思ってツイート遡ってスケジュール帳に書き込んで行って見たけどわからなかった。頭がパンパンで涙が止まらないところから一転してスッと諦観に入るような、そこまで落ち着いてもないけどやることがたとえレポートや嫌なことであってもこなせるようになるし、授業時間がもっと残ってたら遅れても行ってたと思う。また起こるのだろうか。どうしたらいいのか。なんでこんな風になってしまったのだろうか。どうして毎日余裕を持った生活をしているはずなのに、これ以上ストレスがたまる環境はそうそうないような暮らしをしているのに、こんなにムラがあるんだろうか。なんの病気にも当てはまらない。感情 コントロール で検索してもそんなの出てくるはずがない。悔しい。もっと毎日パフォーマンス出して生きたい。

熱量

今回はパソコンで一気に書くのに相応しい内容の記事を書きます。読む価値はあまりない。

 

一年前英語で電話をかけないといけない機会があったときはまるで聞き取れず日本語でも電話できないのになんなんだよメールで済ましてくれや!と悪態をついたものですがなんと先日イギリスの保険適用で歯医者の予約を自分で電話でして行ってきて異常なしと言われることができました。その達成感やなんたるものか。ちょっと適応してきたんじゃない!?と思いました。そしたら帰りに歩いてる時だけ土砂降りになったし日照時間は足りないし普通に鬱々と過ごしました。4時前に日が落ちる。ぴえ〜

 

それはどうでもよくて、私はここで一人親友レベルと言って良い友人ができたのですが、彼女はベトナム系オーストラリア人、超親日家。見たアニメは優に30本を超えますがオタクではありません。日本にも旅行に来たことがあり「えっ伏見稲荷行ったことないの!?日本人なのに!?」と英語で非難されました。みなさん行きましょう。機嫌がすぐ悪くなるところや友達がそんなに多くないところなど、国境をこえてこんなに分かり合える人間に出会えるとは思っていませんでした。東京に出てストレスで簡単に折れてしまった私とは対象に鬱家庭出身の彼女がなんの異常もなくたくましく生きている姿はいつも尊敬しています。彼女の留学期間が1学期なのでもうすぐ帰ってしまうのが辛くてたまらんので最近は一緒に晩御飯をよく作ったり勉強したりしています。それはまたよくて、そんな彼女がcrunchyrollの記事をシェアしてくれたのですが、

 

パレットパレード、誰かもうちょっと早く教えてくれてもよくなかったですか?

paletteparade.siliconstudio.co.jp

 

文アル配信決定時、日本近代文学専攻の友人が「事前登録した」というのをほへ〜という顔で聞いていた私ですが、ついに!ついに!美術史版が出ましたよ!Dating sim for Art History major?という記事をDream came true?とコメント欄でシェアしてくれた親友ありがとう!画家で夢女したことは流石になかったけどこれはなかなかアツいです。しかもこれキャラデザあんスタと同じだよね?わ〜昨今のアイドル系の中では可愛くて好きです。ゲーム禁止家庭で育ったのでゲーマーではなく育成に耐えられずあんスタは挫折してしまったのですがこれはなんかやり込んでしまう気がしますね。ありがとう!マネをイケメンにしてくれてありがとう!レート高くなりそうやけど(グッズ厨並感)

 

私はついさっき知ったわけですが、HP見ると9月末にはもうPV第一弾公開されてますね。イギリスに来たのと同時なのでそれは疎くなるわけです。

 

 

 

少年の膝をしている…。 

ちょうど昨晩クラッシャーPのツイートを見て数年ぶりに「あれっレンきゅん尊くね…?」と思ってオタク熱が再開していたところにパレパレリリース情報が流れて来てしまい、現在右肩の蝶を無限ループしながらぶち上がってしまっているところです。この感情を日本語で共有したすぎるのにそんなことできるはずはありません。というか右肩の蝶とかボカロ殿堂入り曲は中学時代にjpopよりも聞き入っていたものだから本当にぶち上がりますね。右肩の蝶は秋赤音の静止画PVなのもたまりません。カゲプロ以降離脱してしまいましたがカゲプロ以前の曲でDJしてくださったらトランス入れるんじゃないでしょうか。

 

youtu.be

 

なんとなくリンちゃんverも貼っておく

youtu.be

 

お腹すいて来たしそわそわするし躁か。英語でレポート書いてた反動でめちゃめちゃ日本語がかけます。息をするように書けるって第一言語は最高だな!ガハハ

 

気分

今日は早起きして遠出する予定だったのだけど久しぶりに行くのやめようかなという気持ちになった。犬登場という感じで。


I had a black dog, his name was depression

 

行ってしばらくすると晴れたから気分が良くなった。初めてレポートだってできる気がした。いつも晴れていれば景色も綺麗なのにと思った。

 

帰りのバスでまたおかしくなった。この感情のコントロールの下手な状態はいつまで続くんだろう?たとえそうじゃない日があったとしてもまた戻ってくる。一生こんな状態なんだろうか。いつからこんなにおかしくなったんだろう?考えないようにしたいのにどんどんどんどん頭が黒くなって行って涙が出る。intellectual beingsに生まれたのが間違っている。脳みそ取り出して叩き割りたいとき普通ならどうやって対処するのだろう?

 

でも帰ってGPSフランス杯なんかをみている間は安定していたので、何かに意識を向けていられる時は平気なんだろう。でも四六時中それができるわけでもないよなあ。ふと息が切れた瞬間に、自分の立っている下がぐしゃぐしゃと崩れていきそうな不安感、

 

でも昼は平気だったのだ。朝の行きたくないとギリギリまで部屋を出られず泣きながら集合場所に向かった自分が自分だと思えないのだ。鬱(仮)になっていた時に、父にどっちのお前が本物なんやと言われたけど、そんな感じを久しぶりに味わった。昼は元気だったし、自分は生産的なことができると思ったのだ。家を出てよかったと思った。これはいい気分転換になった、帰ったらテキパキ動けるだろう。できなかった。怖い。またこれを繰り返すのだろうか。なんで。今じゃない自分が何を詳細に思ってどう落ち込んだのか?

 

また明日になったら回復しているのかもしれない。それが怖い。不安になって症状でたくさん検索かけてしまうけどこれは病気なんかじゃないだろう。私は努力をしていない、だんだん努力ができない人間になってしまった。わがままで他人に求めすぎるくせに自分を律することができない。なってしまったという文体からも無責任感がうかがえる。でも何か名前をつけて逃げ出したいと思って、非生産的なことを繰り返して、時間を溶かしている。

 

せっかくイギリスにいるし認知行動療法ただで受けたい。日本でも病院に行くのは億劫なのに。英語が話せなくて億劫だ。

f:id:kssg3:20171119084956j:image

余裕

糖質に気をつけて(糖質依存だったので全く制限はしていない)見てから少し経って、今日本当に久しぶりに朝目が覚めて頭も痛くないし体もだるくなかった。快晴って感じだった。外見ると晴れてた。

日記というものをつけていないので、本当に良くないなあと思うんだけど、とりあえずtwitterによると遅くとも10/29から「なんか疲れやすい」「疲労感」「頭痛」といったワードがほぼ毎日呟かれていたので、3週間ぶりくらいの良い体調の日だった。

しかしイギリスの天気は変わりやすく午後には霧雨が降って、頭が圧迫されるような軽い頭痛を感じた。でもちょうど空きコマに学内のジムでピラティスの予約を取っていたのでなんとか回避して(緊張型頭痛によくなる)、総じて体調の良い一日だった。

 

体調が良いと頭が回る。頭が締め付けられていない感じがする。昨日フラットメイトとご飯を食べにいったのだけど、頭が回らず英語がうまく喋れなくて、話に加わることができなくて気分が最悪だった。教授にレポートの相談をしにいった時もIELTSの面接以下のスピーキングしかできなかった。でも今日は朝から自分から友達に英語で話しかけられたし、キッチンでフラットメイトにも割と話しかけられた。体調が悪いとパフォーマンスが下がる。精神面もモヤモヤとした閉塞感に取り込まれてしまう。ただでさえ精神にムラのある人間だから、体調から逆流入してしまう事態は何とかして防いで行きたい。

 

とはいえ昨日は学部で無料ピザパーティーがあったのでいつもより糖質とっているはずなんだけど…。気圧も関係しているのだろうか。12:30に寝て8:00に起きたのも良かったのかな。でも毎日寝ても疲れが取れない日々が続いていたので…。何が原因で悪くなって何が原因で良くなったのかわからないけど。

 

やったこと(一人で食べるとき/自炊時)

・とりあえず甘いものは控える。甘いものを毎食後に食べないと落ち着かない状態になってたのでそれを抜けた(たまに(嘘、結構な頻度で)イライラしていても立ってもいられず食べたけどそれでもとりあえず依存は抜けた)ココアと果汁100%ジュース、インスタントのパスタとか全部人にあげた。

・主食をなくすのは無理なので、食べる順番を野菜・タンパク質→炭水化物の順番にした。朝食時は空腹期間が長くなった後に食べるので特に気をつけた。りんご食べてからヨーグルト、ナッツ多めの低giグラノーラをメインにたまに野菜スープやみかんに変更したり。イギリスはみかんあるよ!

・主食を比較的低giの食品に置き換えた。玄米、全粒粉の低糖質パン。

・砂糖を使わないといけないときはなんとなくはちみつに置き換えてみてたけど、最近ついに人工甘味料を買った。

・週2/3回1h程度運動する。ピラティスやヨガなど。

 

人と食べるときは仕方ないけど、食べる順番などは工夫できるのでやってる。

 

それでもスーパーに行くと、イギリスの美味しいものってまず小麦なのでパンは美味しそうだし試食のパンはスーパーなのに美味しいし(食べてますね、すみません)、スコーンはこちらを見てくるので辛くなる。控えます…。

 

この精神面身体面のモヤモヤは身体面が原因かもしれないんだ!私メンヘラじゃないんだ!って嬉しかったって言ってしまい一緒に留学してる日本人に笑われたのでそこ笑うとこちゃうでってなったのが最近のモヤモヤポイントです。思ってたことを率直に言葉にしただけだけど、やっぱり人間共有している文脈が少ない人は、自己開示を後悔させる相手になりうるのだなという感想。後悔させる人というとネガティブな感じが強くなってしまうけど、なんてことはなく、自己開示の行為が傷つくから、自分についての情報をあまり喋らないことが自衛になる、というニュートラルな事実。喋って伝えないと、察してなんていうのは無理だと思う。モヤモヤという言葉の示唆するずっと続くように思える閉塞感と、それが自分の性格からくるもので、社会不適合なんだと自己否定の沼に落ちる感覚を込めた上での嬉しかったという事実を素直に述べた言葉は、感覚が伝わらないとやっぱり軽い言葉で止まってしまってネタとして受け取られてしまうんだなと思う。そして私はこのような出来事でイライラしていることが多いと思う。イライラを抱えて、でもその場でうまくそれを言葉にする勇気も、瞬時の反応力がそこまで高くないからそれを言葉にする能力もなくてずっと引きずっている。ただのプライドが高くて傷つきやすい馬鹿だ…生きてるの嫌になるな…(メンヘラじゃん…)

 

私は一文が長い日本語が嫌い!でもそれは私の考えの回り方だから、どうしようもできない。今日はパソコンでした。

 

 

ps

モヤモヤの内訳が言葉にできた時人は再認識して泣く。それは多分頑張ってないと思っていることを他人が頑張ってるよと言ってるのと同じような感覚で、あー辛かったんだなと認識できるようなるのだと思う。

発見

体調面について。

 

抑うつ症状や立ちくらみ、疲労感、糖尿病の親族がいたこと、何も手につかなくなる強い急激な空腹感とそれに伴う発汗(の頻度が最近高まっていること)、頭痛から、反応性低血糖気味なのでは…?と思い出した。意識を失うとか、そういうところまではいかないけど。母も話を聞いて、かなり当てはまるねという反応。

 

キッチンが共同スペースなので億劫になって部屋にストックした菓子パンなどで朝ごはんを済ませたり、日曜のスーパーが16時で閉まるのでなかなか野菜や肉を買いに行けず3日ほどパスタで生活していたり、甘いもの以外美味しくないので甘いものを基本的に外で食べていたら、炭水化物ないし糖質に食生活がかなり偏っていって、もともとたまに起こる症状が酷くなっているのでは?と思い出した。空腹時の発汗や急激に力が入らなくなるといった現象は小学校の時からあったけどたまにだしそんなに気にしてなかったから、調べてみるものだと思った。

抑うつは前ひどくて今はそんなにでもないけどまあたまにある。抗うつ剤が効かない、とかも考えてこれが原因だったのでは…?と思う節がちらほら。調べていると、しばらく抑うつパニック障害などの精神疾患と診断されて改善なく数年経過し低血糖症だったと気付く人も多いよう。

 

食生活改善難しいけどできる範囲で炭水化物減らして、2-3w様子見てみよう。日本にいたら血液検査受けるけど今はなかなか難しい。

 

以前アメリカを旅行した時も食事が糖質に偏ったから、この症状がひどかったのかーと納得。日本みたいにふらっとコンビニ寄れないから、常にバナナチップス携帯して、急に動けなくなることを防いでいたのを思い出した。

 

でもこうなると、動けなくなる、というか力が入らなくなるレベルだけど、それが怖いから、常に食べ物のことを考えてしまう。高校時代腹鳴恐怖だった時に、空腹になるのが怖くてずっと食べ物のことを考えては、太るストレスも感じていた時の感覚を思い出す。急激な空腹感を感じると何かをたくさん食べないと収まらないし、血糖値が上がるまで動けないのでまあ食べるしかない。普段吐かないので過食嘔吐にならなかったことが救いか。

 

人と話すと、ああもういろんな不調が20で見つかる、どうせ長生きしないし、働けなくなるのに医療費かかるし、死ぬしかないという思考が、ゆっくり体質改善しようという方向に行くので、少し安定する。なんにせよこの不安定な精神状態に、身体的なものが影響している可能性を見つけたら、別にそれの有無で自責の念を感じる必要はないはずだけど、少し心が軽くなる。ただこれは、何かを改善したら幸せになるという単純な思考に陥る可能性もあって、少し脆くはあるけれど。(ヨガをしたら気分が良くなるはずだ!と思っていったら途中でトリガーを思い出して泣きそうになって、ちゃうねんな…何をしてもまず精神が先って言った僧の言葉を思い出した)

 

長いあいだの身体的精神的モヤモヤがちょっとはっきりしたような気がして嬉しい。

 

 

 

遠近感

勢いのある文をばーっと、記録用に書くときはpc、そうでないときはスマホが適しているのかもしれない。そのうちフォルダ分けしよう。

 

俯瞰が苦手なことと身体的に遠近感が弱いことは関係しているのだろうか。球技が苦手。ボールと自分の距離がわからない。バレーボールとか、どこにボールが落ちてくるかわからない。

模写が苦手。

何かを抽象的な概念をビジュアルで捉えることは得意な方かもしれない。現に考えが浮かぶときも言葉で明確に深められる時と第一段階はイメージで浮かぶ時両方がある。もやもやとした感覚を言葉にするのが難しくて、脳内イメージを転写できる技術があれば良いのにと思う。あれば画家にでもなってる。だからといって浮かんだものが全てうまく表現できるわけではない、あくまでぼんやりと捉える段階で、はじめに来るのがイメージであるというだけで、手を介して現前させようとするとなんか違うなというものができたりする。うまく行くときもあるけど。

浮かんで来るとはしても、現実のものを見た時、遠近感のなさ、バランスが取れないから、模写ができない。みたものをそのまま書くことが難しい。絵をきちんと習ったことがないから、訓練の問題なのかもしれないけれど。

 

私は視覚が強い。書道で、白黒や線への意識が強かったからだろうか?でも聴覚が強い人/音楽関係の人は音で考えるかもしれない。というか音が第一に浮かぶのかもしれない。そう言った人たちとコミュニケーションをとるにはやはり共通言語 言語を使うしかないのかなあ。でも言語は単一でないので母語でないと齟齬やノイズが大きくて、共通の 言語以外のツールがあるならその方が早いのになあと思う。でも自分にはそれを再現する技量がないのでなんとも言えない。そしてイメージは第一段階であることが多いからそれをさっと写し取ることが要求される。頭の中にチップ埋め込んで目の前にプロジェクトできれば意思疎通が楽になるのになあと思う。リテラシーがある人同士の間だけだけど。

 

例えば。この遠近感のなさは生きづらさにつながるのだろうか。素材はあるのにもったいないという言葉や、全体でなく細かいところに執着する、しかしムラのある執着の仕方。これらが、ちょっとずつ、合わない、齟齬を生んで、たまると身を引いてしまうのだろうか。社会からのwithdrawalという感じ?

 

 

f:id:kssg3:20171026093227j:image

 画像は就活のイメージで、どうにもこうにも不安が募ったので発散した。近所の美術館で子供向けに配っていたピカソ展示関連の紙がなんとなく関連していたので切って貼り付けた。

昨日の夜ベッドでイメージメモして、残念ながらデジタルで描けないので、仕方なく蛍光ペンやシャーペンで描いたけど、絵の具とか買ったほうがQOLが上がるのかな。

ありきたりなイメージだけど、彩、というか。いろんな色が灰色になってドロドロ/ほろほろさらさら(これはどっちだろう。社会の中で死んでいくならドロドロだけど、綺麗に砂みたいになる気もする)消えていく感じが、あまりにも強くて、不安で寝つきが悪かったので。

本当は絵の具があったら。オレンジや緑やいろんな明るい色で筆致が残るように荒く、盛り上がりが残るようにたっぷり絵の具をつけて、丸を描く。人が丸なんてありきたりだけどまあ丸だと思う。いろんな大きさの丸を描きたい。せめてもの多様性と綺麗に見えると思いたい。(描いてるうちにやっぱり構造的に綺麗に見えるように修正はしてしまう、そこまで明瞭なイメージじゃないから、うまく表現できない、頭の中のモヤモヤとしたイメージだから)ガサガサの黒を塗り籠めたい。ガサガサで明暗感を出したい。もしカンバスなら下塗りしたくない。紙じゃない気がする。布っぽい感触。

 

f:id:kssg3:20171026093445p:image

 

iphoneのメモに手書き機能があったことに感謝したい…

 

なんとなく発散したら今日は眠れる気がする。おやすみなさい。