芸術を学ぼうと思ったのは一人になってからだった

芸術を学ぼうと思ったのは一人になってからだった。

 

当初専攻しようと思っていた言語学のつまらなさに気づき、進路を考えあぐねて一年。学生団体に時間を費やした一年。が過ぎて二年。団体は引退して、授業も少ない。自動車学校に通う以外特に何もせず、日々自己嫌悪に時間を溶かしていた。

上京したての頃は、観光客マインドでいろんな美術館に足を運んでいた。東京には美術館がたくさんあるから。そうそうしているうちに美術館に行くのが趣味ですってくらいの頻度で行くようになった。月2くらい。だんだん観光客から住民になれたから頻度は減ったけど。

 

六本木クロッシング2016を訪れたのは6月だったか。現代アートは思考の余地を与えてくれるのがで好きだ、だなんて一時期思考がコンプレックスにだった人間が言うか?と言う感じだけど、引っ掛かりがわかりやすく存在する作品が多くて楽しい。純粋に誰もが見て美しいと思うルネサンスの絵画は、誰が見ても美しくて、そこに自分の介入する余地が残されていないように思う。美しさが作品の価値ではないと言う時代から美術史は面白くなると思う。*1

特に日本の若手アーティストだけを集めているこの展覧会は、一般人にもこの人いいなーと発掘する(それに出ているだけですでに有名なんだけど)機会を与えているようで、新たな出会いがあるような気がして、良いと思う。

 

四時間くらいかけて巡った森美術館で、今でも一番好きだと思う作品がある。写真のような正確さで描かれた油彩には、ほんの少しの傷がある。都市に住まう女性にインタビューして得られた、彼女たちの「生活の傷」を描いた作品には、詩のような思わせぶりな題名がつけられている。

それを見た時の感情は、共感だろうか。私(たち)のための芸術であると思った。非言語だから、言葉でうまく考えられないコンプレックスをたやすく超えてくる。あー、嬉しかったなあ。じんわり泣きそうだった。うまく説明できないのだけどとりあえずで言葉にすると都市に住む女性の孤独をうまく書きだしていて、それが響いたと言うことになる。

 

 

この後しばらく芸術へのモチベが一番高まっていたと思う。ガレ展に赴いてガレに出会い、アール・ヌーヴォーを知ったのもこの後くらいだった。(これはカタログまでよかった、サントリー美、カフェもいい)なんだかんだで美術館に通い続け、絵に詳しくも、熱がとてもとてもあるわけではないけど、飽きることはないだろうと思って、そっちの道に進むことにした。私は全体感がなくて、将来設計が苦手で、こういう出会いでしか進むことができない。

 

なんでこんなことを書いたかと言うと奨学金の関係でボランティアをせねばならず一つに断られもう一つをやっと見つけて、応募理由を考え直さないといけないから。最初の施設は留学の志望動機を少し変えたものを出したのだけど、今回の施設はメンタルヘルスのチャリティー財団が運営しているようで、そう言う経験をした人を特に歓迎ということで、じゃあ今まで応募理由に書いてこなかったことを書こうと思って、モチベの前の段落まで整理し直そうと思った。こういう類のものは、書いているうちに、話しているうちに、だんだんコンパクトに話しやすいようになっていく傾向がある。志望理由でも馴れ初めでも。まあだからどうということではないけど。

英語にしなきゃ…。

 

イギリスに来てからも色々なストレス発散方法を試す中で絵を書くというのは自分でもやってみているから、アートセラピーをやっている団体で働けるならそれは合っていると思う。言葉より早く、変換を最小限にして直感的に表現できるのが良いところだと思う。私が本格的に絵をやっていないからだと思うけど。

 

 

奨学金の面接の時、最後の質問で「あなたの留学計画が他の人と比べてユニークな点はなんですか」と聞かれた。そんな対策はしていなかったから、慌てて、ここは学生らしい熱意を見せるのがポイント稼ぎに大事だと思い「芸術が好きだという本心から出ているものなので上っ面でなくて熱意は誰にも負けません」みたいなことをしゃあしゃあと述べた。芸術への熱意なんてそんなにないし、だから日本の文化を盛り上げようなんて一ミリも思ったことないよ。でも志望動機が、アートとのの馴れ初めがある程度本心から語れるエピソードでよかったなとは今思った。

 

*1:かといって、好きな作家は、と聞かれると、特に環境を大事にしてないのにオラファーエリアソンを綺麗だからと言う理由で挙げたりするけど、、、しかもアール・ヌーヴォー好きだし、ガレの作品は美しいし

爪爪爪

マキシマムザホルモンで唯一知っている曲です。

 

爪を一年ぶりくらいに塗った。塗りながらいつが乾いたタイミングかわからず寝れずに3時になった。表面が乾いたからと寝て翌朝ヨレていたことがトラウマだ。見ようとしてみていないアニメを見ながら、思ったほどでも面白くもないなと思いながら、この爪に色を塗りテンションを上げる行為に週に3時間程度かけることは果たしてコスパが悪いのではないかと考え出してしまう。私がほとんどネイルをしたことがないからこんなにかかっているんだろうけど。

 

こちらでは除光液以外にも除光液が染み込んだコットンが売っているのでそれを使う。除光液のシンナー臭さはないがそれを無理やり打ち消したような甘ったるいアーモンドの匂いが指先から漂ってイライラする。眠気と相まって頭痛を催す匂いだ。

 

爪への執着が幼い頃から強かった。爪が伸びる。白いところが伸びる。伸びてくると剥がしたくなる。一指剥す。他の爪の白い部分が長いのがどうしても気になる。全部剥ぐ。たまにミスってピンクのところまで剥いで深爪になる。昔母によく怒られた。私は綺麗な手をしているのに深爪だから勿体無いらしい。同時にその爪への執着を良い方向に生かせればネイリストの資格でも取れるんじゃないかと言っていた。そしてやればできると信じていた。でも大学生になって時間ができても全然やるようにならなかった。高校生までの習慣づけは恐ろしく、私は長い空き時間の使い方を知らない。小学校高学年から、時間の使い方は勉強中心に回ってきた。空き時間というのは隙間の時間。隙間の時間にニコ動でボカロ聞くくらいしかしてなかった。長時間部屋で映画を見ること、アニメを見ること、そうした時間の使い方に慣れていないから、抵抗がある。本来隙間の時間を潰すために使われるようなSNSをずっとみて結局一番勿体無い時間の使い方をする。

 

暇は悪。この世に暇が存在するはずがない。「あー暇だな」という言葉を発することに罪悪感を感じる。たとえ実際に暇だったとしても。だって世の中には絶対にやらないといけないことがあるから。それが嫌で私はズルズルと嫌いなことを先延ばしにして行動しているけど。今だって全ての課題を終えても、ボランティア先を探すっていう大仕事が残っているし。多分就職について調べ出さないといけないし。この世にやらねばならぬとされていることがなくなるなんてことはないのだ。今でこそ自己成長欲求が失われている私に、外部からの成長の圧力がなくなって、やらねばならぬことが本当に消えたなら、何をするのだろう。

 

そろそろ爪が乾いたか。でも私は人工のアーモンドの匂いが充満したまま白い布団に入りたくない。嗅覚が敏感でよかったこと、今まであるだろうか。あまりない気がする。

f:id:kssg3:20180103121103j:image

帰英

心配していた体調は薬を定期的に飲んでいたからか予想よりはるかに軽く、旅行を遂行することができた。それよりも人と長期で旅行することが初めて(海外プログラムとはまた違う)だったから、そちらの精神的ストレスの方が大きかった。

基本的に一緒に行動していた子は、鈍感を具現化したような子で、私はその鈍感さが羨ましく同時にいらだたしかった。特に行きたいところもないから、ということで、資本主義の申し子である私がtouristyにぽんぽん目的地をあげ、全ての場所を調べ、全ての交通機関を調べ、それを繰り返し、疲れた。彼女はwifiを持っていないし(SIMロックが解除できず留学中もずっとフリーwifiに頼っている)、行きたいところを並べた私が全てを調べるのは仕方がないことなのだけど。それにしても当然のように「次はどこだっけ」と聞かれると堪えてくる。彼女は何か悪いことが怒っても笑って流す癖があった。正直そのあっけらかんとした精神力は(本人は精神力とも認識していないだろうけれど)尊敬する。が、その笑いが心に余裕がないときは苛だたしい。「次の場所の行き方調べるの忘れてた」「あはは」調べるのは私なんだぞ…。道中ストレスが常にたまっていた。彼女は悪くなくて、自分の心の余裕がないせいだとわかっているので尚更どうにもできず、集団生活がやっぱり向いていない…などと自己嫌悪に陥る時もあったが、帰ってきて落ち着いた。

 

これは他者に求めすぎるから生じるストレスなのだろうか。私は利己的に人付き合いをする傾向がある気がする。これをしてもらったからあれをする、あれをしたからこれをしてもらう。利益を求めているように思う。資本主義だ。同時期にキリスト教の友達が、「見返りを求めない優しさは小さい時にキリスト教を叩き込まれた人だけが持ってると思ってる」といって、ああ隣人愛という関係性のあり方も存在するのかとびっくりした。これが宗教か。フラストレーション溜めずに、見返りのない優しさを人にかけられたら。と思った。

 

電車に乗りながら、移動中、自分達について話すという遅れてやってきた青春の一コマのようなものがあったのだけど、彼女いわく私はのんびり行動しているように見えるらしい。高校時代「ゆっくリスト」と言われたまんまだ。しかし心の中は実際全然余裕なんてないことがほとんどなので、悲しかった。確かに朝の準備、人より遅い方だし…と考えて、考えて、あれ、結構行動する前に考えているのか?と思った。効率よく行動するために考えて結果行動が遅くなっているのだろうか。

 

私の母は勉強しなさいとガミガミ怒るタイプではなかったけれど、時間を無駄にすると怒った。ゲーム、ネット、アニメ、そういったものに時間を浪費すると怒った。だから私はポケモンスマブラもモンハンもしたことがない。ネットは隠れてツイッターしていたけど…。その時間を無駄にしないということが、刻まれていたりするのか。

 

例えば電車に乗るとき、彼女は遅れることに罪悪感を感じるので、絶対に余裕を持って家を出るという。そして準備も早い。一方で私はぴったりにつきたいと思う。ホームについて2分でも電車を待つと、この2分で洗濯物があと一着たためたのではないか?と思う。そうしてギリギリに家を出て待ち合わせに遅れがち。どれだけ朝早く起きても、遅刻ギリギリになってしまう。そしてきっとこの遅刻ギリギリさが、他人にはのんびりに映るのだと思う。

 

電車の中で化粧をするのはマナー違反だ、五分でも早く起きて家でしてこい、それくらいできるだろうという人と、できない人の、差は実はこういうところにあるのかもしれない。

 

旅行記を別ブログ立ち上げて書きたい。もっと心情を排除したようなやつ。

 

 

↓↓↓作りました

ryokoushita.hatenadiary.jp

疼く

ピルを一日飲み忘れてしまって、気付いた時に飲んだのだけど手遅れだったようで、じわじわと痛みが日々増した。私費になってしまったけどロンドンに行って日本語対応の病院に行った。卵巣の腫れに変化なし。3^4cmの大きさは、手術をするには小さすぎるし、毎日を健やかに過ごすには大きすぎる。おそらく出血が近づいているから痛むのでしょう、と女医さんは言った。今が耐えどきかな、あと少ししたら治るよの言葉とは裏腹に、少しずつ出血して、諦めた。今から休薬。明後日から旅行。最悪のタイミングだ。市販の鎮痛剤が少しずつ効かなくなっていくのがわかる。下半身が重くなっていく。血が巡らない。体温が調節できない。疼痛。最悪旅行も全てキャンセル。

 

自分の性別に生まれたことを、あまり後悔したことはない。親戚には「お前が男だったら継がせたのに」と言われたけど、幸いにもネット経由で4年前にできた彼氏と今でも付き合っているし、東大で性別バイアスが不利に働いたことはほぼない。地方公立出身の女子はマイノリティとして、出自が不利なために逆に特権的に働いているのではないかと思うこともある。メイクもおしゃれも得意ではないけれど、最近は毛嫌いすることもなくなった。可愛いもの、美味しいものに目がないことも誰にも咎められない。でも、痛み止めを手放せず過ごす毎日や、自分の身体の中から産み出される赤黒いレバーのような血塊を見ていると、痛みやこんな穢らわしいものを生産するために女やってるんじゃないよなと思う。どうして私の生殖器官は、私に害ばかり及ぼすのか。セックスだって卵巣の腫れで激痛。不妊になる可能性も高い。私が死にたいと思ったから?でもそれはQOLを損ねて生き続けることではないし、それなら鬱の時と変わらない。私はこれからいろんなことを諦めていく。生きているだけで。

我に返る

昨日はあんなにテンションが高かったのに、今日は起きた時から一転してすごく気が立っていた。upsetという感じ? イライライライラ、コミュニケーションの全てがささくれだって感じられる。何もしたくない。体調も悪くなって来たので、ピラティスに行ったら腰の痛みはよくなったけど、やっぱりイライライライラ。そうなってくると些細なことでネガティブになって、どんどんそこから離れられなくなって、初めて授業も休んでしまった。イライラをコントロールできない自分、心の余裕があるときはコミュニケーションが大事だなと思えて、そうやって毎日過ごしたいと思うのに、自分自分自分で、自分以外のことのせいに全てをして、社会不適合だ。こういうところが将来子供を持つとしたら毒親になりそうとか、こんな自律もできない成人がどうやって生きていくのだろうとか、後から考えると?というような感じだが些細な不安が増殖して、頭がパンクしそうになって涙が止まらなくなる。部屋には「Avoid Unrealistic Thoughts」って壁紙を貼っているけど、貼っているからと行ってどうにかなるものではない。客観性がことごとく失われる。運動も食事もあったかいミルクティーもリラックスと書いてあるプレイリストも試したのに、急に原因もわからない圧倒的なストレスに襲われて屈してしまった感覚がある。ほんとは授業も行こうとしたんだけど、寮を出て、道を歩いて、涙が止まらなくて諦めた。帰って来てお腹が空いているわけではなかったけど何か少し食べて、しばらくすると、落ち着いて、あれさっきの頭のパンク寸前の状態はなんだったのか…?となる。日常生活に支障をきたしている。コントロールできないのは本当に困る。誰にでも気分の落ち込みはある。現代人はどうやって突然わけもなく山のような圧倒的なストレスが襲いかかって来たらそれをギリギリでしのいで仕事ができているのだろうか?前回の犬登場時も書いたけど、脳みそを取り出して叩き割りたいときどうする?という感じ。制御を超える落ち込みや体調の悪さなど法則性がないかと思ってツイート遡ってスケジュール帳に書き込んで行って見たけどわからなかった。頭がパンパンで涙が止まらないところから一転してスッと諦観に入るような、そこまで落ち着いてもないけどやることがたとえレポートや嫌なことであってもこなせるようになるし、授業時間がもっと残ってたら遅れても行ってたと思う。また起こるのだろうか。どうしたらいいのか。なんでこんな風になってしまったのだろうか。どうして毎日余裕を持った生活をしているはずなのに、これ以上ストレスがたまる環境はそうそうないような暮らしをしているのに、こんなにムラがあるんだろうか。なんの病気にも当てはまらない。感情 コントロール で検索してもそんなの出てくるはずがない。悔しい。もっと毎日パフォーマンス出して生きたい。

熱量

今回はパソコンで一気に書くのに相応しい内容の記事を書きます。読む価値はあまりない。

 

一年前英語で電話をかけないといけない機会があったときはまるで聞き取れず日本語でも電話できないのになんなんだよメールで済ましてくれや!と悪態をついたものですがなんと先日イギリスの保険適用で歯医者の予約を自分で電話でして行ってきて異常なしと言われることができました。その達成感やなんたるものか。ちょっと適応してきたんじゃない!?と思いました。そしたら帰りに歩いてる時だけ土砂降りになったし日照時間は足りないし普通に鬱々と過ごしました。4時前に日が落ちる。ぴえ〜

 

それはどうでもよくて、私はここで一人親友レベルと言って良い友人ができたのですが、彼女はベトナム系オーストラリア人、超親日家。見たアニメは優に30本を超えますがオタクではありません。日本にも旅行に来たことがあり「えっ伏見稲荷行ったことないの!?日本人なのに!?」と英語で非難されました。みなさん行きましょう。機嫌がすぐ悪くなるところや友達がそんなに多くないところなど、国境をこえてこんなに分かり合える人間に出会えるとは思っていませんでした。東京に出てストレスで簡単に折れてしまった私とは対象に鬱家庭出身の彼女がなんの異常もなくたくましく生きている姿はいつも尊敬しています。彼女の留学期間が1学期なのでもうすぐ帰ってしまうのが辛くてたまらんので最近は一緒に晩御飯をよく作ったり勉強したりしています。それはまたよくて、そんな彼女がcrunchyrollの記事をシェアしてくれたのですが、

 

パレットパレード、誰かもうちょっと早く教えてくれてもよくなかったですか?

paletteparade.siliconstudio.co.jp

 

文アル配信決定時、日本近代文学専攻の友人が「事前登録した」というのをほへ〜という顔で聞いていた私ですが、ついに!ついに!美術史版が出ましたよ!Dating sim for Art History major?という記事をDream came true?とコメント欄でシェアしてくれた親友ありがとう!画家で夢女したことは流石になかったけどこれはなかなかアツいです。しかもこれキャラデザあんスタと同じだよね?わ〜昨今のアイドル系の中では可愛くて好きです。ゲーム禁止家庭で育ったのでゲーマーではなく育成に耐えられずあんスタは挫折してしまったのですがこれはなんかやり込んでしまう気がしますね。ありがとう!マネをイケメンにしてくれてありがとう!レート高くなりそうやけど(グッズ厨並感)

 

私はついさっき知ったわけですが、HP見ると9月末にはもうPV第一弾公開されてますね。イギリスに来たのと同時なのでそれは疎くなるわけです。

 

 

 

少年の膝をしている…。 

ちょうど昨晩クラッシャーPのツイートを見て数年ぶりに「あれっレンきゅん尊くね…?」と思ってオタク熱が再開していたところにパレパレリリース情報が流れて来てしまい、現在右肩の蝶を無限ループしながらぶち上がってしまっているところです。この感情を日本語で共有したすぎるのにそんなことできるはずはありません。というか右肩の蝶とかボカロ殿堂入り曲は中学時代にjpopよりも聞き入っていたものだから本当にぶち上がりますね。右肩の蝶は秋赤音の静止画PVなのもたまりません。カゲプロ以降離脱してしまいましたがカゲプロ以前の曲でDJしてくださったらトランス入れるんじゃないでしょうか。

 

youtu.be

 

なんとなくリンちゃんverも貼っておく

youtu.be

 

お腹すいて来たしそわそわするし躁か。英語でレポート書いてた反動でめちゃめちゃ日本語がかけます。息をするように書けるって第一言語は最高だな!ガハハ

 

気分

今日は早起きして遠出する予定だったのだけど久しぶりに行くのやめようかなという気持ちになった。犬登場という感じで。


I had a black dog, his name was depression

 

行ってしばらくすると晴れたから気分が良くなった。初めてレポートだってできる気がした。いつも晴れていれば景色も綺麗なのにと思った。

 

帰りのバスでまたおかしくなった。この感情のコントロールの下手な状態はいつまで続くんだろう?たとえそうじゃない日があったとしてもまた戻ってくる。一生こんな状態なんだろうか。いつからこんなにおかしくなったんだろう?考えないようにしたいのにどんどんどんどん頭が黒くなって行って涙が出る。intellectual beingsに生まれたのが間違っている。脳みそ取り出して叩き割りたいとき普通ならどうやって対処するのだろう?

 

でも帰ってGPSフランス杯なんかをみている間は安定していたので、何かに意識を向けていられる時は平気なんだろう。でも四六時中それができるわけでもないよなあ。ふと息が切れた瞬間に、自分の立っている下がぐしゃぐしゃと崩れていきそうな不安感、

 

でも昼は平気だったのだ。朝の行きたくないとギリギリまで部屋を出られず泣きながら集合場所に向かった自分が自分だと思えないのだ。鬱(仮)になっていた時に、父にどっちのお前が本物なんやと言われたけど、そんな感じを久しぶりに味わった。昼は元気だったし、自分は生産的なことができると思ったのだ。家を出てよかったと思った。これはいい気分転換になった、帰ったらテキパキ動けるだろう。できなかった。怖い。またこれを繰り返すのだろうか。なんで。今じゃない自分が何を詳細に思ってどう落ち込んだのか?

 

また明日になったら回復しているのかもしれない。それが怖い。不安になって症状でたくさん検索かけてしまうけどこれは病気なんかじゃないだろう。私は努力をしていない、だんだん努力ができない人間になってしまった。わがままで他人に求めすぎるくせに自分を律することができない。なってしまったという文体からも無責任感がうかがえる。でも何か名前をつけて逃げ出したいと思って、非生産的なことを繰り返して、時間を溶かしている。

 

せっかくイギリスにいるし認知行動療法ただで受けたい。日本でも病院に行くのは億劫なのに。英語が話せなくて億劫だ。

f:id:kssg3:20171119084956j:image